口臭と口呼吸の関係について(お子さんも例外ではありません)

皆さんは唾液が口臭を予防する役割を担っていることをご存知でしょうか?

唾液には殺菌作用があります。

そのため、唾液の分泌量が低下すると、菌が増殖しやすくなり口臭に繋がると考えられています。

評判以上!ブレスマイルウォッシュを使って口臭をケアした私の口コミ!

唾液の減少と聞くと高齢者や糖尿病患者、ストレスを抱えている大人に関係しているものと捉える傾向にあります。

しかし、子供も無関係ではありません。

それは、唾液の減少が「口呼吸」によっても引き起こされるからです。

本来はウイルス除去の観点からも鼻から空気を吸う鼻呼吸が正しいとされています。

口呼吸が癖になっているお子さんは口腔内が乾燥しやすく、結果として唾液量の減少に繋がるのです。

お子さんが鼻呼吸と口呼吸のどちらを行っているのか意識をされたことはございますか?

呼吸の仕方は、わざわざ習うものではないですよね。

産まれたばかりの赤ちゃんは上手に鼻呼吸を行います。

成長に伴い、鼻の疾患や鼻づまりによって口呼吸が癖になることも。

お子さんの中には「呼吸は口でするもの」と勘違いをしたまま成長するケースもあります。

小学校高学年になって初めて、空気は鼻から吸ったほうが良いと気が付くお子さんもいるぐらいなのです。

お子さんは自分の口臭に疎いものです。

口呼吸による口腔内の乾燥が口臭に影響していることもありますので、ぜひ一度お子さんの呼吸の仕方を確認してみてはいかがでしょうか。