重度のアトピーだった私の体質改善方法

私は2歳から14歳まで重度のアトピー性皮膚炎でした。

全身痒く、血だらけボロボロで外に出れば哀れな目で見られ、いじめられ何度も生きることが辛いと感じていました。

ラントゥルースの口コミを完全レポート!使い方から効果までを暴露します!

今は25歳になり、ほとんど治りました。
月一程度皮膚科に通い、保湿剤と痒い時のみ使用する軽めのステロイドだけで対応できるようになりました。
日々のスキンケアや食生活も気を付けているのでアトピーの方はもちろん、乾燥肌、敏感肌の方にも役に立つと思うので最後に記述しようと思います。

まず私のアトピーが治るまでに行ったこと、治った要因をお伝えしたいと思います。

まず、治った要因は2つあると思っています。
①女性としての体質の変化
②アレルケア L92の服用

①女性としての体質の変化と聞くと正直どうしようもないことだと思う方が多いと思います。
確かに自分自身が調整できるものではないので、難しいですが【体質改善】という意味でヒントになると思っております。
私は生理になるのが人より遅く、14歳(中学3年生)で生理になりました。
それまではアトピーを治す為にどんなことをしても改善する見込みはありませんでした。
漢方服用、水2リットル飲む、よもぎ茶、紫蘇ジュース、ステロイド治療、有名な皮膚科通院、保湿など色々と試していました。
(正直子どもの頃で両親が一生懸命頑張ってくれていたので私はほとんど記憶にありませんが…)
それなのにある日、初経がきた月の前後で顔以外のアトピーが治っていることに気が付きます。
親戚にも顔以外綺麗になってきたねと褒められます。
そのうち2ヶ月もしないうちに顔も突然綺麗になりました。

正直、私自身は何もしていません。
ですが、子どもの身体から大人の身体になったことで体質が変化しアトピーが治ったんだと思っています。
そして、体質の変化でアトピーが改善したと気が付き【体質改善】としてもう一つ続けていたというものが

②アレルケアL92というアサヒグループ食品株式会社さんが出しているタブレットの服用です。
これは、10歳~21歳(うち2年は漢方服用で中断)までアレルギーに良いという理由で服用していました。
アトピー以外にも喘息、アレルギー性結膜炎、鼻づまり、耳の痒みなどあり治療していましたが子どもの頃は治らず、治療を辞めていましたが20歳で再開し治りました。
すぐ飲んですぐ良くなるというものではありませんが、こちらを約10年程服用して体質の変化があったのではないかと思っています。

以上2つのことからアトピー改善には【体質改善】が必要と分かります。
アトピーで悩んでいる人からすると「そんな簡単に言わないで欲しい」「すぐ治る位、軽症だったんでしょ」と思われそうですが本当にそんなことないです。
過去の自分を思い出したくなくて、高校時代にアトピーの写真は全て泣きながらビリビリに破いて捨てました。
唯一残っているのが入学式や卒業式などの写真です。
アトピービジネスというものが世の中にはあり、高いお金を出させようとするものも沢山見かけます。
でも、できる範囲で【体質改善】してみて欲しいです。
食生活を気を付ける、手が届く範囲のサプリメントを飲んでみるなど…

どうか頑張りすぎないで、その人に合った【体質改善】を見つけて欲しいです。

一応、アトピーが治った今も行っていることを記述しようと思います。

①水を2リットル飲む(お茶も可、糖が入っているものはNG)
のどが渇いたと感じる前に水筒などを持参し飲むように心がけています。

②安い保湿剤でもいいのでこまめに保湿
顔は朝晩に化粧水と乳液、身体は夜のみでペパリン類似物質配合のものを塗る
保湿しない日は作らない

③毎日日焼け止めを塗る
アトピー肌は紫外線にも弱いので曇りでも、冬でも、家の中でも塗る

④揚げ物、甘いものは控える
ダイエットと同じだと思っていて身体に良いとされないものは控えます(ただお菓子大好きなのでストレス溜めない程度)

⑤ジェルネイルをする
痒い時に?きむしると傷になるので、ジェルネイルをすることで肌の保護になります。

⑥痒い時は無理せず、皮膚科でステロイドをもらう
悪化するまで我慢はせず、軽い段階で皮膚科に行きます。
ステロイドが良くないという話もありますが、痒いのを我慢し脱ステロイドする方がストレスなので私はステロイドに頼ります。

⑦ムヒ持参
どうしても痒い時はスースーするムヒを塗ります。
すると痒みはなくなります。

以上7項目はアトピーが治った今も続けていることです。
アトピーではなく乾燥肌、敏感肌の人も実践できることですし、何よりアトピーで悩んでいる人の少しでも役に立てれば嬉しいです。